自分で作るにはどんな知識が必要?

HTMLとCSSを覚えることが大事

ホームページを自分で作成するには、HTMLとCSSの知識を覚えることが大事だといえます。仮に、ホームページ作成ソフトを使用したとしても、HTMLとCSSの知識があればアドバンテージになります。ホームページ作成ソフトを用いない場合は、テキストファイルを作成するソフトや専用エディタにHTMLとCSSを入力してホームページを作成します。どちらにしても、ブラウザの開発者用ツールを使用することで、HTMLなどの記述がどのようにホームページに反映されているかが分かります。そのため、HTMLとCSSの知識を得ることがホームページ作成の最優先事項だといえ、それらの知識がホームページの骨組みになると理解することが重要です。

HTMLとCSSの知識を得る方法

HTMLやCSSは、一見難しい特殊な言語を用いているように感じられます。そのため、HTMLなどを覚えるのにアレルギー的なものを感じる人もいるのが事実です。しかし、HTMLとCSSは書籍を通じて独学で覚えることが比較的容易な言語で、書籍の用い方によっては早く覚えられます。では、どのようにすればHTMLとCSSを使えるようになるのでしょうか。それは、実際に書籍に載っているサンプルのホームページを、書籍に掲載されている手順で作ってみるのが一番だといえます。たいていの書籍には、習熟度に従って少しずつ難しくなるように、単元が設けられています。そのため、書籍の掲載順にHTMLなどを書いてみることが、ホームページ作成が上達する第一歩です。